ARTIST

THE ETERNAL http://www.the-eternal.com/

 

15年以上のキャリアを誇る、ex-Cryptal Darknessのマーク・ケルソン(Vo/G)率いる、オーストラリア産ダーク/ゴシック・メタル・バンド。日本人好みの叙情的なメロディーやキャッチーなサビ、重厚なハーモニーによるメランコリックな世界観が特長と言える。これまでに3度のワールド・ツアーをこなしており、H.I.M.やOpeth、ex-NightwishのTarjaのオープニング・アクトを務めるなど、その実力は世界の折り紙付き。

 

王様+Blood Sabbath

 

あの王様が、日本語で歌うブラック・サバスの名曲の数々…。直訳ロッカーの王様と実力派トリビュート・バンド、ブラッド・サバスによるコラボレーションがここに実現!

 

王様…兵庫県西宮市生まれ。大学卒業後、1年半のサラリーマン生活を経て、音楽の道を志す。1990年に本物のヒゲを伸ばしていた風貌から「王様」とあだ名を付けられ、試行錯誤の末に「洋楽ロックの日本語翻訳歌唱」を始め、1995年9月にCD「深紫伝説」で衝撃のデビュー。セールスが30万枚のヒットとなり、同年「レコード大賞・企画賞」を受賞する。その後も、60~70年代のロックを伝えるべく、数々の洋楽曲を日本語に翻訳・歌唱し、「直訳ロック」というジャンルを確立した。http://www.osama.co.jp

 
Blood Sabbath…初期のBlack Sabbathをこよなく愛するミュージシャンが真剣に取り組むプロジェクト。Black Sabbathの演奏やサウンドはもちろんのこと、彼らの精神性まで受け継ぐ姿勢は極東の「サバス伝道師」「販売促進バンド」の名に相応しく、海外でも高い評価を受けている。ギタリストの三谷はトニー・アイオミ氏の自伝本「アイアン・マン」(2012年発行)の日本語版を監修したほか、「Black Sabbath」サウンドへのこだわりを自身が編集長を務めるフリーマガジン「ElectricGuitar」で5年以上にわたり連載するなど、ライブ活動と記事執筆の両面からBlack Sabbathの広報/宣伝活動をしている。http://www.bloodsabbath.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MUSIC NETWORK CORPORATION 2016 All Rights Reserved